スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<菅首相>「ぶら下がり取材」 1日1回に削減を提案(毎日新聞)

 菅内閣は9日、内閣記者会に対し、菅直人首相が記者団と直接やりとりする「ぶら下がり取材」について、従来の1日2回から1回にしたいとの方針を伝えた。首相官邸はぶら下がり取材の機会を減らす代わりに、フリーの記者も参加する首相の記者会見を、月1回程度開くとしている。記者会側は10日に対応を協議する。

 ぶら下がり取材は小泉内閣発足時の01年から、原則として1日2回行われてきた。官邸側は仙谷由人官房長官による記者会見についても、(1)午前の会見は官房副長官が代行する(2)仙谷氏が行う午後の会見にはフリーの記者も参加でき、会見時間を延長する--との方針を示した。

【関連ニュース】
河村市長:「増税せんで」菅内閣に注文
菅首相:小沢氏辞任で「けじめ」 政倫審に慎重
菅内閣:政策の行方は? 公約見直しも視野
菅首相:取材対応も「改革」 新役職新設の可能性も示唆
菅首相:「奇兵隊内閣」…自ら命名

菅首相会見速報(1)「最小不幸の社会」づくり目指す(産経新聞)
貧困ビジネス排除へ初の連携協議開く 全国30都市、近く提言(産経新聞)
首相補佐官に阿久津、寺田氏=逢坂、小川氏は再任(時事通信)
民主代表選 菅直人氏選出 選挙モードへの突入を宣言(毎日新聞)
B型肝炎、石綿…菅さん、被害者の苦しさ理解を(読売新聞)
スポンサーサイト

<もんじゅ>クレーンから煙 環境に影響なし(毎日新聞)

 試験運転中の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市、28万キロワット)で26日午後3時半ごろ、メンテナンス廃棄物処理建物(放射線管理区域)内の30トンクレーンから煙が出ているのを作業員が発見。通報を受けた地元消防組合が消防車を出動させ、自然に煙が収まったのを確認した。もんじゅの運転再開後、地元消防車が出動するのは初めて。火災に該当しない事案といい、作業員8人にけがはなかった。

 日本原子力研究開発機構や経済産業省原子力安全・保安院によると、作業員らは同建物にある再使用水の貯水槽(高さ約7メートル)内で足場を組み、貯水槽天井の塗装をしてきた。作業はこの日終了し、足場の鋼材や番線を撤去。高さ42.5メートルの天井付近に据え付けたクレーンでつり上げていた。

 クレーン巻き取り部分のブレーキパッドから発煙したとみられるという。この影響で、炉心確認試験を約2時間中断した。環境への影響はないという。

 原子力安全・保安院は「火災ではなかったとはいえ、放射線管理区域内の機器で、正常に機能することが大事」として同日、原因究明と対策を機構に指示した。

 同建物は、使用済み核燃料交換機などを点検、洗浄したり、低レベル放射性廃棄物をドラム缶に詰める施設。【酒造唯、関東晋慈】

【関連ニュース】
もんじゅ:新燃料移送中にトラブル
もんじゅ:再開1週間 トラブル続出
もんじゅ:ナトリウム温度が一時上限値超え 警報が作動
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり

<社民党>内閣不信任案、福島党首「反対はなかなか難しい」(毎日新聞)
47歳男と娘に逮捕状 千葉・男性刺殺 強盗殺人、放火の疑い(産経新聞)
豚が大量のウイルス=感染家畜処分に全力―口蹄疫(時事通信)
御殿場女性遺体遺棄、前夫を殺人容疑で再逮捕(読売新聞)
交通事故 保育園のワゴン車が衝突 園児ら10人病院へ(毎日新聞)

<裁判>娘の点滴、水混入の母に懲役15年求刑 京都地裁(毎日新聞)

 入院していた幼い娘3人の点滴に水を混入したとして、傷害致死と傷害の罪に問われた高木香織被告(37)=岐阜県関市=の論告求刑公判が17日、京都地裁(増田耕児裁判長)であった。検察側は「満足感を得るため子供を道具として使っており、通常の虐待以上に悪質だ」とし、懲役15年を求刑した。弁護側は執行猶予を求め、結審した。判決は20日に言い渡される。

 争点は、周囲の気を引くため子供を傷付ける代理ミュンヒハウゼン症候群の評価。検察側は論告で「(高木被告を含め)同種の動機で病人を仕立て上げる人たちのことをまとめてそう呼ぶだけ。刑を軽くする事情にはならない」と指摘した。

 一方、弁護側は「原因は代理ミュンヒハウゼン症候群にあり、子供を憎いと思っていたわけではない。児童虐待とは異なる」と情状酌量を求めた。【古屋敷尚子】

【関連ニュース】
点滴事件:母親「特別視が心地よかった」 被告人質問
京都地裁:裁判長怒る 「居眠りする人は出ていって」
京都地裁:裁判員6割の辞退許可…9日間の審理が影響?
裁判員裁判:京都・点滴混入事件 母親「特別視が心地よかった」--公判
裁判員裁判:点滴混入事件 京都地裁、裁判員6割の辞退許可 9日間の審理が影響?

終盤国会は剣が峰 小沢氏再聴取、野党が集中砲火 延長なら参院選先送り(産経新聞)
法定相続人の定義など相続の基礎を学ぶ(医療介護CBニュース)
賛否両派参加、初の協議会=「鞆の浦」埋め立て架橋計画―広島(時事通信)
<小沢氏>発言、決断「どうなのか」 政権運営に疑問(毎日新聞)
「子供じゃないから分かるだろ」女性乱暴の組長逮捕(産経新聞)

<狭山事件>検察側が証拠開示…取り調べテープなど36点(毎日新聞)

 埼玉県狭山市で1963年、女子高校生が殺害された「狭山事件」で無期懲役が確定した石川一雄さん(71)=仮釈放中=の第3次再審請求を巡り、東京高検は13日、石川さんが「自白」した捜査段階の取り調べ録音テープなど36点の証拠を弁護団に開示した。検察側が証拠を開示したのは第2次再審請求中の88年以来、22年ぶり。

 東京高裁が昨年12月、捜査段階の自白で「殺害現場」とされた雑木林で被害者の血痕の有無を調べた捜査報告書など8点の証拠開示を高検に勧告。高検は13日の3者協議で勧告対象外のテープも含めて開示した。

 弁護団によると、開示されたのは、石川さんが自白した63年6月ごろの取り調べ録音テープ9本▽雑木林近くにいたものの、弁護団には「争う声は聞いていない」と証言した男性の供述調書▽石川さんの筆跡が分かる書類4通--などの証拠。高検は血痕の捜査報告書を「見当たらない」と説明した。

 弁護団は開示された証拠を検討し、9月に開かれる次回協議までに新証拠として高裁に提出したり、追加の開示請求を行う方針。

 会見した石川さんは「まだ隠している証拠があるはず。一日も早く(証人尋問などの)事実調べをして再審開始決定を出してほしい」と話した。石川さんは控訴審段階の64年から一貫して無罪を主張している。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
狭山事件:石川さん支援集会 菅家さんも訴え
足利事件:菅家さんの無罪判決を祝う集会開く 宇都宮で
狭山事件:支援者ら集会--東京・日比谷

辺野古修正案、自民も検討を=石破氏(時事通信)
民主マニフェストの表紙の顔、やっぱり鳩山首相に(産経新聞)
国会議員半減で地方分権を=選挙協力は否定-日本創新党(時事通信)
鳩山一郎元首相の墓に黄色いペンキ…谷中霊園(読売新聞)
ホームと電車の間に男性はさまれる(産経新聞)

<春の褒章>国内外で高評価…映画監督の根岸吉太郎さん(毎日新聞)

 ◇映画監督、根岸吉太郎さん(59)=紫綬褒章

 「日本映画や監督への評価の一部と思う」と受章の弁。「スタッフらが喜んでくれるのが素直にうれしい」と柔和な表情をみせた。

 27歳の監督デビュー作は日活ロマンポルノ。「男女が抱えているものをいかに写し取るかが今も原点」と言い切る。

 「遠雷」などで脚光を浴びたが「作家性とエンターテインメント性の両立で揺れた時期も」。ここ数年は「雪に願うこと」「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ」など、国内外の映画祭で高く評価された作品が続く。「映画とは何かを自問しつつ、カメラに写っている先のものを撮り続けたい」【鈴木隆】

【関連ニュース】
松たか子:主人公の生き方「おすすめしない」 浅野忠信は「男として共感」で反目? 「ヴィヨンの妻」初日舞台あいさつ
浅野忠信:夫婦のあり方「ヒントになった」 太宰ねぶたも登場 「ヴィヨンの妻」完成試写
根岸吉太郎監督:「日本映画に波が来ている」 「ヴィヨンの妻」凱旋会見 松たか子も祝福

<乳児虐待>壁に投げつけられた長女、11月にも骨折 (毎日新聞)
首相動静(4月22日)(時事通信)
<普天間移設>沖縄の代表団官邸に 長官「負担軽減に配慮」(毎日新聞)
<アイスランド噴火>昨夏から前兆地殻変動 東大地震研解析(毎日新聞)
仮想空間ビジネスで賠償請求=会員17人、計728万円-大阪地裁(時事通信)
プロフィール

ミスターまさゆきこづか

Author:ミスターまさゆきこづか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。